lgf01a201407261200

「非正規雇用は使い捨てで正社員はおろか結婚すらできない」

「できることなら正社員として、安定感のある職につきたい」

でも一度、非正規雇用・派遣社員になるとはい上がってくるのは難しいと、40代中年男性のYさんは語ります。

就職氷河期のあおりをうける

静岡県にすむYさん(41歳)はいわゆる就職氷河期の世代になり、大学を卒業するも正社員として採用されることはなかった。

「200社以上受けましたが、ことごとくダメでした」、そう語るYさんの顔は暗い。

仕方なく非正規雇用であるハケンとして働きはじめるも、最初の派遣先ではわずか1年で雇い止めになる。

「一生懸命働いても使い捨て、モチベーションが上がりません」、そうなってしまう気持ちも分からなくはない。

契約社員になるも正社員にはなれない

悩む男性

続いての派遣はタイヤ工場のオペレーターとして働くも、たったの3ヶ月で雇い止めにあり、職を転々とする生活になる。

運良く契約社員になることができ、いちおう正社員への昇格試験はあったが、狭き門であったためキャリアアップすることはできず、3年で退職をよぎなくされる。

「当然、正社員を募集してる会社の採用試験も受けていました。でも職歴ではじかれてしまいます。」

大卒後、一度も正社員として働いたことがないと、派遣・契約社員の実績しか書けないため、採用担当者は落とす傾向があります。

正社員になるもブラック企業だった

転職先がブラック企業

20代後半のころにやっとの思いで正社員になるも、毎日、日が変わるまで働かされるブラック企業だった。

それにも関わらず、残業代は一切でず、全てがサービス。入社して2年目以降も昇給がなく、手取り20万円以下というブラック企業っぷり。

「2年間働きましたが体を壊してしまい辞めざるをえませんでした。そのころには三十路が近かったので焦りがありました」

派遣社員では年収が低いので結婚はおろか、独身でも生活が苦しいのが現実。付き合ってる彼女がいても別れることが多い。

 

大卒から10年間、派遣社員・契約・ブラック企業での正社員などで8社を渡り歩いた。

時給換算で900~1100円なので、独身でも生活が苦しく、結婚をしようという気にはなれないまま年を重ねていく。

「生まれた時期が悪かったのもありますが、自分の運が悪かったことも呪います。格差は広がるいっぽうで国はなにもしてくれない。ハケンは使い捨てにされる運命だと痛感しました」

管理人より一言

年収デュエル管理人かいば

派遣社員は甘えという声もあるが、日本の会社は一度失敗したものに厳しいんですよね(汗)

日本は外国に比べると転職に批判的で、「会社を辞める人は忍耐力がない」という、古い考えの中年おっさんが多いように感じますね。

また職歴が重視されるので、大学を卒業してしばらくフリーターをしたり、Yさんのように正社員になれず、契約・派遣社員を渡り歩いた人は不利になります。

人事の採用担当者は、職歴に3ヶ月以上の空白期間があると採用を控えるようになるので、あり地獄から抜けだすことができません。

 

それに加えて35歳をすぎると転職市場では不利になりますし、親の介護、自分自身の健康面での不安もでてくるため、お先真っ暗という人も多いです。

国立社会保障・人口問題研究所によると、生涯未婚の人は20%を超えており、2035年には男性の約3割が結婚できずに終わるというシュミレーションが出ています。

「収入が低いから結婚に踏み切れない」、「結婚相談所に申し込むとしても年収ではねられる」と不満を感じる人も多く、このまま孤独死するのかと思うと将来が不安と言います。

就職氷河期の世代が中年フリーターになる時代、この先のことを考えると政府は何かしらの対策をする必要があると思いますね。