転職先がブラック企業

ブラック企業で働いた経験がある方の体験談、実態をご紹介します。

労働時間が長くサービス残業が当たり前、休日出勤も当たり前、人間関係が悪くて上司のパワハラもひどい、給料が安くて手当を入れても手取りが20万円以下などなど。

色々な業種のブラック企業の体験談がありますので、さっそくみていきましょう!

インテリア会社で使い捨てにされたYさん

075

わたしはインテリアの設計をする会社に務めていました。ほんらいは朝から17時までが仕事ですが、受注が多い時は徹夜で働くこともあります。

繁盛期は夜中の2~3時に仕事が終わることが多く、家には文字どおり帰って寝るだけという生活。いえ、平均睡眠時間は3時間だったので、ゆっくり寝ることすらままならないと言う状態でした。

当然ですが、ブラック企業なので残業代は1円たりとも出ません。すべてがサービス残業という鬼畜っぷりで、いま思い返してもムカムカしてきます。

 

中途採用の人が9割以上という会社で、入社したときは「なんでだろう?」と思ってましたが、働き出して2ヶ月後には理解しました。

あまりにも労働条件が悪すぎるため、「やってられない!」とみんな転職するわけです。わたしも途中で辞めたので、最終的にはその一人になったわけですが(笑)

毎月のように社員が辞めて、新しい人が入ってくるをエンドレスで繰り返します。いわゆる社員を使い捨てにするタイプのブラック企業になります。

「またコイツも辞めるのかな~」と思うと、わざわざコミュニケーションをとって仲良くなろうとは思わなくなります。私以外の人も同じような気持ちだったようで、職場の人間関係も悪かったですね。

営業職で働くIさん

前に働いてた会社はいわゆるブラック企業ってやつで、わたしはそこで営業職をやっていました。朝から日が変わるまで働かされるわりに、残業代は出ないので給料は安かったです。

またノルマが厳しく、達成できなかったら商品を自腹で買い取らないといけない。いわゆる自爆営業がありました。

 

入社してから3ヶ月以内に辞める人が多く、長続きする人の方がレアな会社だったので、ハローワークで常に求人を出してました。

最近はブラック企業という言葉が市民権を得ており、正社員での就職が難しいこともあり、夢と希望をもって転職する若者を使い捨てにしてる状態です。

営業職じたい向き不向きがある仕事なので大変ですが、営業+ブラック企業になると最悪の組み合わせになるので注意が必要です。

リフォーム業界のブラック企業で働くTさん

無理なノルマを押し付けられる男性

わたしは神奈川県にあるリフォーム会社で営業マンをしていました。リフォーム業界はブラック企業が多いことで有名でしたが、案の定、わたしが入社したところも真っ黒でした。

わたしと同時期に入社した同期が9人いましたが、3ヶ月以内に半分やめて、半年後には残り2名だけになりました。私自身、8ヶ月目に退職したので、ほぼ全滅と言えます。

ちなみに辞める人が出るとすぐに新しい人の補充があったので、ハローワークで常に求人を出しつつ、スタッフを使い捨てにしながら経営してるんでしょうね。

 

仕事は毎日、深夜まで働かされ、残業代は月20時間分しか出ず、あとはすべてサービス残業でした。それに休日出勤も当たり前のように行われており、私の場合はMAX36連勤をしたことがあります。

ノルマが厳しく、営業成績が悪い社員は上司からボロカスに怒られます。怒鳴るのは日常茶飯事で、ひどいときは物を投げつけたりされますが、さすがに殴られたりはしませんでした。

わたしの営業成績は中の上くらいだったので、上司のターゲットにされることはありませんでしたが、同僚が怒られてるのを聞いてるだけでも憂うつな気分になってきます。

 

学生時代は運動部だったこともあり、我慢強さ、忍耐力には自信がありましたが、入社して半年経ったころから身体が重く、だるくて朝起きれない日が多くなりました。

休日出勤を当然のようにさせる会社ですので、体調不良だからといって休むことはできず、病院にいきたいけどいけないまま1ヶ月すぎ、やっと休みの日になったので病院にいくと「うつ病」と診断されました。

翌日、会社の上司にうつ病になったことを伝えると、「うつ病だったら別に問題ないね」と言われふつうに仕事をやらされました。

このままでは心も体も持たないと思い、入社して8ヶ月目に退職をしました。8ヶ月というとわずかな期間だと感じると思うでしょうが、とっても長くて、地獄のような日々でした。