落ち込む男性

「ハローワークの求人詐欺に気をつけろ!」

求人詐欺ということばがあります。ハローワークの求人情報では良いことを書いて、実際に入ってみると全然違うということがあります。

そこで今回は求人詐欺の被害にあい、ブラック企業に入ってしまった人の体験談をご紹介します。

残業代が1円も出ない Tさんの体験談

仕事が忙しいサラリーマン

わたしが転職した会社も求人詐欺をしてて、残業が多くて定時で帰れないのは、どの会社でも似たような状態なので仕方ないとガマンしてましたが、残業手当がまったく出ないのが不満でした。

いわゆるサービス残業と言うやつですが、連日夜遅くまで働いてるのに、1円も残業手当が出ないというのはおかしいと感じます。

 

なので一度、上司に残業代について質問をしたことがあるのですが、「お前だけじゃなく、オレだって、他のみんなだってガマンしてるんだ!」と逆ギレされました。

それからと言うモノ、上司から目のかたきにされパワハラを受けるようになりました。サービス残業だけでもムカついてるのに、パワハラも追加されたので精神的ストレスがヤバかったです。

ちょっとした書類のミスなのにネチネチと怒られたり、提出書類のハンコをなかなか押してくれなかったり、業務連絡をわたしだけ教えてくれなかったりなどなど、業務に支障がでるような職場いじめも受けました。

 

ブラック企業の求人情報はウソばかり書いており、ハローワークは実態をチェックしないので、入社してみたら「なんじゃこりゃ!」と言うことがあります。

そう考えると職安の募集要項は信用できないことになりますが、それ以外に会社を選ぶ基準がないため、運頼みの転職活動になってしまいます。

転職エージェントは企業が中間マージンをもらうそうなので、なんとなくイヤだなっと思い使いませんでしたが、こんなことならちゃんと使えば良かったです。

ハローワークでの転職活動はダメだと言うことが分かったので、いまは転職エージェントを利用して入ったホワイト企業で働いています。

 

石の上にも三年といいますが、ブラック企業に長くいても良いことはありませんので、転職して失敗したと感じたら、すぐに退職することをおススメします。

先進的なストレスで心を病んでしまうと治療に時間がかかるので社会復帰が遅れます。それなら早めに辞めて、転職活動をした方が良い人生を送れますので。

営業職のOさん

悩む男性

わたしは営業職として働いてました。

ノルマが厳しい、売り上げが低いと上司から怒られる、パワハラを受けるというのは営業職あるあるなので、これだけではブラック企業とは言えないかもしれません。

ただわたしが働いてる会社は、深夜や休日でも電話がかかってくるので、どこにいても気が休まることがありませんでした。

一度、電話に出なかったことがあり、翌日出社すると上司に「なんで出なかった!」とブチ切れられました。理由を話しても許してもらえず、ガミガミと怒鳴られた記憶があります。

 

連日の長時間労働、ノルマの厳しさ、上司からのパワハラ。帰宅後も電話がかかってくるため心が休まることがない。

このような劣悪な労働環境で働ける人はおらず、同期はおろか先輩、後輩もドンドンと辞めていきます。そして新しく入ってきて、その人たちも使い捨てにされます。

定期昇給もほとんどなく、このまま勤めても夢も希望もないと思い退職しました。

 

転職後も営業職をやっていますが、深夜・休日に電話がかかってくることはなく、売り上げに応じた歩合給もあるので給料も上がりました。

ブラック企業にガマンして勤めても良いことはありませんので、いま働いてる会社より労働条件が良いところへ転職した方が良いですね。

特に上司のパワハラがひどい会社に勤めてると、精神的にやられますので、早めに辞めることをおススメします。わたしはストレスでダメになる前に転職して正解だったと思っています。

ブラック企業を見分けるのは難しい

ネットでブラック企業の見分け方が載ってますが、会社側の手口も巧妙になっており、ハローワークの求人情報を見ただけだと分からないのが実情です。

仕事内容、給料、残業時間、休日出勤などの労働条件はまだしも、上司のパワハラ、休日の電話の有無などは調べようがないので、入ってみないと分からないと言うのが本音でしょう。

運次第と言ってしまえばそれまでですが、正社員を夢見る派遣社員を食いものにするブラック企業は後を絶ちませんので、間違って入ってしまったらストレスでうつ病になる前に辞めることをおススメします。