九電工の電気工事士

九電工は九州電力のグループ系列会社で依頼された電気工事・施工管理をやる会社です。

決済書によると平均年齢40.4歳のとき平均年収は658万円となっています。

福岡県の中では勝ち組企業になりますが、九州電力のグループ会社になるのでそちらよりは立場が下になります。

年齢 年収
25歳 約400万円
30歳 約500万円
35歳 約570万円
40歳 約650万円

※国税庁の賃金カーブをもとに試算(2017年3月時点)

実際は残業の多さ、出世のスピードによって差がでますので、上の表よりも多くなったり、少なくなったりします。あくまでも参考値としてみてくださいね~

現場で電気工事をする高卒入社の社員、大卒のホワイトカラーも含めての数値になりますので、自分の学歴を踏まえたうえで確認してください。

 

ちなみに40歳サラリーマンの平均年収は正社員で約530万円、非正規(派遣・契約社員、パート、アルバイト)だと約250万円です。

なので全国の平均年収よりは100万円以上多いですし、福岡県のランキングではトップ10に入ってる勝ち組企業になります。

九州電力のグループ会社ということもあり安定感は高いです。原発問題でゆれている東京電力ですら倒産してないので、九州電力はモチロン、九電工も一生安泰の企業といえます。

仕事内容

高所作業車

ほかの会社のように営業、事務職の募集もありますが、電気工事・配電・空調管理・情報通信、エコ(エネルギー)部門があります。

具体的には、ビル、工場等の建築に伴う電気・空調工事や九州電力から委託された配電線工事の施工管理

工程管理、安全管理、品質管理、原価管理、お客様や協力業者との打ち合わせ。設計・積算(工事をするための設計図面作成や工事金額の計算)など。

営業職は「建設工事の完成を請負う営業」として、お客様への設備提案などにより工事の受注を行う。

事務職は法律・経済・会計・その他の必要な事務的知識を基にして調査・研究企画・管理に関する業務を行う。具体的には人事、労務、総務、経理、企画、資材など。

引用元:九電工ホームページより

施工管理・工事作業員の場合は土曜日も仕事であるケースがあり、台風などで電線が切れたときは休日でも修理にいくことになります。「今日は休みなんで、電線の復旧は明日までまってね~」と言うわけにもいきませんのでw

高所作業車といってクレーン車の先っぽに人間が乗れるようにしたマシンがあります。それに乗って電気工事をすることもありますので、高所恐怖症だと厳しいかもしれませんね…

九州大学とか有名大学卒のホワイトカラー組ならデスクワークで働けでしょうが、配属先によっては現場作業をする可能性もあるので覚悟しておきましょう。

福利厚生は充実してる

slide_2

九州電力のグループ会社と言うこともあり福利厚生はしっかりとしてます。

週休二日制で年末年始・ゴールデンウイーク休暇もあります。また社会保険完備で、通勤手当もあり、独身寮もあるので県外から就職した人にとってはウレシイかぎりですね^^

中小企業のなかには入社して何年も働いてるのに昇給がないところもありますが、九電工は年1回昇給があり、ボーナスも年2回キッチリとあります。

電力会社は業績が安定してるので昇給、ボーナスもちゃんとありますし、リストラ・倒産の可能性も限りなく小さいため、公務員・大企業ばりの安定感があります。

新卒の募集はあるけど、中途採用の募集はなし(2017年5月時点)

九電工の公式ホームページをみると、2017年5月の時点では中途採用の募集はしてないと書いてありました。もしかすると中途採用の募集をするかもしれないので、気になる方は定期的にチェックするようにしましょう。

新卒採用は2015年4月の採用実績をみると大学院卒の初任給が21万8000円、大学卒が20万3000円、高専卒が18万2000円となっています。

初任給は残業代、各種手当が入ってないため、冒頭で書いたとおり年収は右肩上がりでドンドン上がることを知った上で、採用試験を受けるようにしましょう~

電力会社の年収や残業時間や休日」もチェックしてくださいね^^

 

見落としてる会社を探してみよう

九電工という会社にはこういった評判があります。

九電工に興味があるということは、電力業界にも興味があるのではないでしょうか?

電力業界を調べると、もっと自分にあった企業が出てくるのですが、そういった会社を自分だけの力で探すのは困難です(汗)

なので、転職エージェントを使って優良企業を探してもらいましょう!

 

「リクルートエージェント」というサイトに登録して中の人(キャリアアドバイザー)に話を聞いてみてください。

自分で探す手間が省けますし、キャリアアドバイザーは転職事情に詳しく、待遇のいい会社を教えてくれます。

まずは話を聞くだけでも、視野が広がりますよ(実際、わたしがそうだったので)