雑誌編集者の仕事

「出版社の雑誌編集者は激務で辛いから辞めたい」

雑誌の編集をしていた29歳の女性です。私が担当していたのはファッション情報誌でした。

小さな会社だったためモデルの選定から簡単な写真撮影・イラスト・インタビュー・校正まで、製作にかかわるほとんどの仕事が編集部スタッフによって行われていました。

在籍した期間は4年間ですが、他の出版社よりも濃い体験をさせてもらったと今では感謝しています。ただ業務内容は激務の一言に尽きますし、辛いから辞めたいと思うことが多かったです。

 

平社員の私の年収は約300万円でした。

残業の多い月は月収も高くなり、残業のない月は安くなりました。最高月収は40万円弱で、この月は社外での取材が多く残業もあり、体調を壊すほど重労働をした覚えがあります。

忙しくて給料が多いときはどうしても外食が多くなるので、手元に残るお金は変わらないと感じました。

 

勤務時間は9時~18時でしたが、コアタイムが決まっていてその時間に職場にいれば基本的には大丈夫でした。

毎日その日の勤務時間、勤務内容などをノートに書き、上司に承認してもらう作業があり、そのノートがタイムカードの役割も果たしていました。

仕事はきっちり片付ける必要がありますが、朝カフェで仕事をしてきても上司の承認さえ取れればOKという自由さがありました。

しかしノートを提出すると、「今日はこれしか作業できなかったの?」、「半日かかってA4の広告1枚しか作れなかったの?」とかダメ出しをされることのほうが多かったので毎日緊張しました。

残業時間がめちゃくちゃ多い

落ち込む女性

雑誌は締め切りのあるので残業が多く、編集部のスタッフ全員が毎日23時過ぎまで働いていました。

朝8時の締め切りに間に合わせるため、上司である係長は締切前日に必ず徹夜をしていました。

私は一番遠くに住んでいたので、23時15分には会社を出ないと終電に乗れなくなってしまうのですが、帰ろうとすると同僚たちに「もう帰るの?」と冷たい目で見られるのが辛かったです。

 

締め切り前になると休日出勤で働くのも当たり前で、子供が産まれたら続けられないと感じました。

仕事はクリエイティブで、自分で考えた企画が採用されると本当に楽しいのですが、忙しいときと暇なときのギャップが大きい仕事でした。

やりがいのある仕事ですが激務なので、コツコツがんばることができて体力に自信のある人に向いていると思います。

パワフルな人が多い

58b9a7ef8231620c359aedff828614fe

仕事が忙しくても彼氏とデートに行ったり、時間をみつけてはコンパに行ってる人が多かったですね(笑)

激務だからといって雑誌編集者の仕事ばかりしてたら婚期を逃してしまうので、疲れててもプライベートは気合で充実させる人が多いです。

 

ただ勤務時間が長いため、結婚してからも仕事を続けるのは大変です。特に子供ができてしまうと時間的に難しくなりますね。

産休・育休の取得を最低限にして、すぐに子供を保育園に入れたとしても、お迎えの時間があるので夜遅くまで働けなくなります。

独身時代に23時15分で帰宅してても同僚から冷たい目で見られてたくらいですから、保育園のお迎えがあるから19時帰りますってのは無理があります。

なのでわたしは結婚を機に雑誌編集者の仕事を辞めました。激務で辛かったこともあり、あのタイミングで辞めて正解だったと思います。

早い段階で辞める人も多い

会社を辞めたいという女性

雑誌編集者の仕事を辞める人は、入社してから1~2年以内に退職をしていきます。

先ほど書いたとおり勤務時間が長く激務なので、早い子は1年持たずに辞めてしまいますね(しかも給料が安いですし)

雑誌編集者に憧れる女性は多いのですが、実際に働いてみるとイメージとのギャップが大きすぎて、仕事を辞めたいと思う女性が多いわけです。

 

それにパワフルで、エネルギッシュじゃないと体が持たないので、体調を崩して辞めてしまう人も多いです。

そりゃあ、毎日のように日が変わるまで仕事してるわけですから、体調を崩してしまうのも無理ないと思います。

雑誌編集者の仕事よりも高給で、勤務時間が短い仕事はいくらでもありますので、向いてないと思ったら早めに辞めることをオススメします。