転職に成功してガッツポーズする男性
「会社を辞めたい…」と思ったら、急に辞めるんじゃなくって転職先をみつけてから退職しましょう。貯金を切り崩しながらの転職活動はストレスがたまりますので。

給料はモチロン大切ですが、自分に合ってない仕事だと毎日が辛いので、自分に合った適職をみつけることが大切です。

そこでわたしも無料で出来るリクナビネクストの、グッドポイント診断を実際にやってみました。

その結果は「強みを無料で診断した結果」で書いてます!

引越し業者は年収が安いから辞めたい【ハート引越センター】

hikoshi

わたしはハート引越センターで働いていました。

引越し業者の仕事をするのは初めてのことではありましたけれど、それなりに体力に自信があったので選びました。

勤めてはじめて2年ほどで退職・転職しましたが、それでも自分なりに一生懸命、仕事をさせていただいたつもりです。

バイト経験もなく素人同然ということもあり、年収250万円と少なく生活は厳しかったです。ただ独身ということもあって食べていくことはできました。

 

この仕事は基本的に一日に何件かの引越し作業をこなすことで終了となります。昼勤務なので工場の交替勤務に比べると生活リズムは保つことができます。

ただ毎回のように引越しが上手くいくわけもなく、数ヶ月もすると残業が増えて生活リズムも徐々に崩れてしまったという現実もありました。

 

その会社は私よりも体力のある若者が多く、その中で仕事をするのは大変でした。また次第に彼らの態度も大きくなっていきます。

仕事内容は単純に荷物を運ぶといっても建物内の養生、お客様への気配りというのは重要な作業となり、少しでもそれを怠れば指導という名の暴力を受けることがありました。

また侮辱するような言葉を投げかける人もおり、次第にそれは冗談から単なる憂さ晴らしのような発言にもなっていました。

もうちょっとわかりやすい言葉でいえば、指導という名の暴力・悪口・怒声が飛び交うような職場ということです。こう書くとブラック企業みたいでしょうが、とび職のような建設業よりはマシだと思います。

 

働いてて感じたことは体力に自信がある私でもキツいと感じましたし、さらに追い打ちをかけるように暴力・暴言もあるので辛かったです。

徐々にミスをするようになると、年下の若者に軽く蹴られたりしながらも苦笑いしつつ仕事してました。情けない話ですが仕事ができる若者の方がヒエラルキーは上なのです。

最初は仕方ないことだと思いガマンして働いてましたが、勤続1年を超えても変化は見られれず、いつまでも下っ端あつかいという環境が続きました。

「このままいてもストレスが溜まるだけ」と思い、次の職場を探して転職しました。建設業のようにキツイけど給料が良いならガマンできますが、年収250万円では続ける意味もありませんので。

ハート引越センターで受けた行為は、全ての営業所がそうだとは言いません。中には良い人もいると思います。

ただ上下関係のキツさはあるし、体力的なことを考えると30代になると辛いと思いますので、遅かれ早かれ転職はしないとダメだと思いますね。

中間管理職の体験談

IT系SEの男性

私は最近までハート引越センターの中間管理職として働いておりました。

年収は300万円そこそこ、勤務時間は朝7時~夜8時が最低ラインで、残業はどこからが残業かわからなくなるぐらい働いておりました。

仕事内容はほぼ支店でやる業務の全てです。うちの支店は支店長が兼任だったため、普段は店におらす自分ともう1人のスタッフで店を仕切っておりました。

まずは出勤して店を開け、現場作業員の出勤を確認して店から送り出し、次に営業マンを送り出し、次に受付のパートのおばちゃん達がやってきます。

 

一日の仕事量は半端じゃありません。必要消耗品の発注・お客様へのアポイントに謝罪・クレーム処理・アルバイトや社員の給料管理などなど、会社に必要なこと全てをやっていたと言っても過言ではありません。

普通の会社にあるような経理課・総務課などは一切ありませんでしたので、悲しいぐらい働かされて、責任を負わされるだけの日々でした。正直、上司とも何回も言い合いの口論をしたこともあります。

 

僕が一番許せなかったのは、上司が「グレーゾーンを目指せ」と僕に言ってきたことです。

会社である以上、ホワイト企業を目指していかなければいけないはずなのに、うちの上司はグレーゾーンを目指せというのです。

「ブラックにならないように上手いことやれ」と言われ、そのとき僕の中で何かプッチンきてしまったのでしょう、その日を境に仕事へのモチベーションがなくなってしまいました。

その日から僕が明らかに仕事をしなくなったのにもかかわらず、その上司は僕を怒ることなく、周りの人間に八つ当たりを始めました。上司は暴言を吐きまくりましたね。

 

またハート引越センターは上司に好まれた社員はスピード出世していきますし、嫌われた社員は遠くの地へ左官、もしくはパワハラをうけます。

本社や遠くの支店の噂話も入ってくるため、上司に逆らうとヒドイ目にあうと刷り込んでるようでした。

自分もこの引越業界を続けてきて7年目になりました。この業界はブラック企業ばかりです。引越業界の闇が最近になってテレビ・週刊誌ですっぱ抜かれていますが、あんなの序の口です。

管理職になっても年収は低いままですし、嫌いな上司と一緒に働くのも精神的に疲れたので転職することにしました。あなたも早く辞めた方がいいですよ。

スポンサードリンク



おすすめ転職エージェント

yametai

「いますぐ会社を辞めたい!」という気持ちは分かりますが、転職で失敗しないためにも職探しはしっかりと行いましょう。

職探しの方法にはハローワーク、求人情報誌、新聞広告、転職サイト、転職エージェントがあります。

その中でも転職エージェントは給料・待遇が良い求人が多く、スタッフの手厚いサポートも受けることができる優れものです。

そんな転職エージェントの中から、わたしが実際に登録したサイトを独断と偏見でご紹介します。

第1位 リクルートエージェント



リクルートエージェントの求人量は国内一、そのうち90%が登録者だけが見れる非公開求人です。

またリクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも利用できるので登録の手間が省けますよ。

⇒リクルートエージェント公式サイトはこちら


第2位 DODA(デューダ)



DODAは非公開求人がめちゃくちゃ多く、他社の2~3倍もあります。レアな限定求人もあるので企業の幅を広げたい人におススメです。

また仕事スタイル・パーソナリティー診断もあるので、自分にピッタリ合う仕事が分かるので、転職活動をスムーズに進めれます。

⇒DODAの公式サイトはこちら


第3位 マイナビエージェント



マイナビエージェントは大手なので安心感があります。キャリアアドバイザーの質が高く、対応が良いのがウレシイですね♪

またマイナビエージェント利用者の8割が書類審査を突破してますので、なかなか面接までたどり着けない方におススメです。

⇒マイナビエージェント公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ