転職に成功してガッツポーズする男性
「会社を辞めたい…」と思ったら、急に辞めるんじゃなくって転職先をみつけてから退職しましょう。貯金を切り崩しながらの転職活動はストレスがたまりますので。

給料はモチロン大切ですが、自分に合ってない仕事だと毎日が辛いので、自分に合った適職をみつけることが大切です。

そこでわたしも無料で出来るリクナビネクストの、グッドポイント診断を実際にやってみました。

その結果は「強みを無料で診断した結果」で書いてます!

JICA職員の年収や応募資格や採用人数は?仕事は危険?

発展途上国の子供

JICA職員の平均年収は825万円です!

ジャイカは国際協力分野の中でも給料が高いため、就職先としても人気の職種となります。

 肩書き 平均年収
35歳 本部主任調査役 680万円
45歳 本部課長 1000万円
41歳 海外在住 1200万円

JICA公式ホームページをみたところ、初任給は2016年実績だと大卒が19万6600円、院卒が20万8560円となっています。

JICAの正式名称は「独立行政法人国際協力機構」といい、政府開発援助を目的とした法人なので海外赴任は必須です。

わたしは子供のころから英語が苦手だったので海外赴任は考えられませんが、JICAに就職したいと思ってる人は、貧困が残る発展途上国にいって支援をしたいと考えてる人ですので、語学スキルは当然のようにもってるんでしょうねヽ(´▽`)/

職員研修のところに「英語・仏語・西語などの語学研修」と書いてあったので、英語はもちろんですがフランス語、スペイン語も必要になるってことですね~

応募資格や採用人数は?

075f5f1938de6339a9707c1ff2d928c4

JICAの公式サイトをみたところ応募資格は短大、大学、大学院卒となっていますので、高卒では申し込みが出来ないことがわかります。

ちなみに採用人数ですが2015年は総合職が42名、2016年は35名、2017年は30名程度を予定してるようです。

 

中途採用の募集もおこなってるようで、2017年は総合職を20~25名ていど募集すると書かれていました。

ただ「TOEIC860点相当以上もしくはTOEFLiBT100点・PBT600点以上」と応募資格に書いてますので、語学堪能であることは必須となります。

 

正社員サラリーマンの平均年収は40歳で530万円ですから、JICAの825万円と比較すると300万円ちかく低いことになります。

平均年収が825万円ってことは一流企業レベルですから、大企業にいくのと同じくらい給料がもらえることになりますので、中途採用でいけるなら行きたいって人もいると思います。

ただ先ほども書いた通り、ジャイカは海外赴任が必須で、なおかつ語学スキルが高くないと入れないので、TOEICで高得点を取ってたり、海外留学の経験がないと心配になりますよね(;^ω^)

治安が良いとはかぎらない

落ち込む男性

JICA(独立行政法人国際協力機構)が支援にいくってことは、日本のような先進国じゃないわけです。つまり治安が悪い地域もあるってことを意味します。

衛生状態は日本に比べると悪いですし、犯罪・テロに巻き込まれる可能性もゼロではありません。

「危険なところにはいきたくない、オレは国内で働きたいんだ! 給料は少し安くなってもいい」と言ってもダメです。なぜならJICAは海外赴任が必須だからです。

 

2016年にバングラデシュの首都ダッカでテロ事件があり、日本人7名が亡くなりましたが、JICAの事業で現地にいってた建設コンサルタント会社の関係者になるので、JICA社員が巻き込まれわけではないようです。

ただ将来的にはどうなるかわかりませんので、年収が高いからJICAで就職するという発想じゃなくって、発展途上国の人を支援したいという熱意をもって働ける人じゃないとキツイでしょうね。

逆をいうと語学スキルがあり、なおかつ発展途上国を支援したい、海外で働きたいと思ってるなら、年収が高いJICAは良い法人となりますヽ(´▽`)/

財団・社団・公益法人の年収」にも書いてますが、日本の法人に比べるとJICAは給料や待遇がいいのがウレシイですね^^

スポンサードリンク



おすすめ転職エージェント

yametai

「いますぐ会社を辞めたい!」という気持ちは分かりますが、転職で失敗しないためにも職探しはしっかりと行いましょう。

職探しの方法にはハローワーク、求人情報誌、新聞広告、転職サイト、転職エージェントがあります。

その中でも転職エージェントは給料・待遇が良い求人が多く、スタッフの手厚いサポートも受けることができる優れものです。

そんな転職エージェントの中から、わたしが実際に登録したサイトを独断と偏見でご紹介します。

第1位 リクルートエージェント



リクルートエージェントの求人量は国内一、そのうち90%が登録者だけが見れる非公開求人です。

またリクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも利用できるので登録の手間が省けますよ。

⇒リクルートエージェント公式サイトはこちら


第2位 DODA(デューダ)



DODAは非公開求人がめちゃくちゃ多く、他社の2~3倍もあります。レアな限定求人もあるので企業の幅を広げたい人におススメです。

また仕事スタイル・パーソナリティー診断もあるので、自分にピッタリ合う仕事が分かるので、転職活動をスムーズに進めれます。

⇒DODAの公式サイトはこちら


第3位 マイナビエージェント



マイナビエージェントは大手なので安心感があります。キャリアアドバイザーの質が高く、対応が良いのがウレシイですね♪

またマイナビエージェント利用者の8割が書類審査を突破してますので、なかなか面接までたどり着けない方におススメです。

⇒マイナビエージェント公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ