落ち込む男性

私が独立する前に勤務していたのは「社会保険労務士事務所」でした。

社労士の仕事内容としては顧問先の企業の給与計算、労働保険・社会保険の手続き、労務相談を受けたりしていました。

その時の私の年収は200万円くらいで、勤務時間は朝8時半~午後5時半ですね。

 

私はこの社会保険労務士事務所に不満がありました。なぜなら休日が異様に少ないからです。

大抵この手の仕事は年間休日が少なくとも100日はあり、多いところだと120日はあります。

ですが、私が勤務していた社会保険労務士事務所は、年間休日が労働基準法にギリギリ違反しない85日しかありませんでした。

 

土曜日の出勤も普通にありましたし、世間が祝日で浮かれている時も給与計算や労務相談をしていたので、仕事をしてて悲しくなりました。

飲食業・トラック運転士のような仕事をやっていれば、休日が極端に少ない勤務をしている人もいると思います。

ですが、私が働いていた業界では、年間85日という休日数は異常なくらい少なかったので不満がありました。

 

それだけ働いてるにも関わらず給料が少ないので、時給換算するとコンビニのバイトより安くなります。

勤務日数が多くてもそれなりに給料がもらえるなら良かったのですが、どう見ても少ない給料だったので、さらに不満が大きくなっていました。

その分残業が少なかったかもしれないですが、休みが少なければ遊びにも行けないので意味はないです。

 

また私が一番不満を感じたのは、この事務所の事業主が特殊な形態を取っているところです。

普通はその事務所の持ち主が事業主になるものですが、そこの事務所の持ち主は社会保険労務士の資格を持っていないので事業主になれません。

なので事務所の持ち主でない人が事業主になっていたのですが、そのせいで経営判断も「名前だけの事業主Aさん」と「事務所の持ち主Bさん」で揉めていたのが本当に嫌でした。

そのせいで士気が下がることも多かったので辛いと思いました。

事業主Aさん、事務所の持ち主Bさんで意見の対立があって、それ以外の人間は重たい空気で黙っていないといけのが辛かったです。

難易度が高いのに年収が低い

お金と通帳

社会保険労務士(社労士)は難易度が高い資格で、合格までに800~1000時間も必要なのに待遇はイマイチであることが多いです。

社会保険労務士事務所を開業すれば年収1000~2000万円を超えますが、若いころは200~300万円台であることも多く、多くの社労士は年収500~600万円と言われます。

なので辛い下積み時代を乗り越えれば、年収は少しずつ上がっていくことになります(これは社労士に限らず、どの業界でも同じですが)

 

体験談を書いてくれた方は年間休日が少ないところで働いてたようですが、多くの社会保険労務士事務所は土日祝が休みなので、年間休日は110~120日は取れます。

一般企業もそうですが、年間休日・有給休暇の消化率は会社によって変わりますので、条件が悪いなら別の社会保険労務士事務所に転職することをオススメします。

社労士はつぶしが効く資格で、どの事務所でも業務内容は似てますから、辞めたいと思うほど労働条件が悪い・精神的に追い込まれてるなら退職した方がいいです^^

 

転職というとハローワーク、求人情報誌を思い浮かべるでしょうが、最近ではマイナビ、リクナビネクストなどの転職サイトもありますし、転職サポートをしてくれるエージェントも存在します。

忙しい合間をぬって自分で探さなくても、あなたに合った仕事を紹介してくれますので、仕事が大変でも新しい転職先を見つけることができます。

「リクルートエージェント」というサイトに登録して中の人(キャリアアドバイザー)に話を聞いてみてください。

自分で探す手間が省けますし、キャリアアドバイザーは転職事情に詳しく、待遇のいい会社を教えてくれます。

まずは話を聞くだけでも、視野が広がりますよ(実際、わたしがそうだったので)