ショコラティエの年収

ショコラティエの年収は200~300万円くらいですが、パティシエの仕事内容も一緒に兼ねる人が多いので、お店によってはもっと高くなります。

パティシエはケーキなどのお菓子を作る人です。見ているだけでも美しく、そして食べると甘さが口いっぱいに広がり、食べる人に至福の時間を与えるスイーツを作ります。

そんなパティシエの中に、チョコレート菓子を専門に作るショコラティエがおります。そんなショコラティエの仕事内容についてご紹介します。

ショコラティエの仕事内容

基本となる仕事内容はチョコレートのテンパリング作業です。

テンパリングとはチョコレートを溶かしながらゆっくりとツヤを出す作業のことで、少しの変化でもツヤや口当たりが変わるため、最も大切な仕事となってきます。

このテンパリングによって、チョコレートのツヤや輝きを最大限に引き出し、生菓子や焼き菓子を作り上げていくのです。

勤務時間

ショコラティエの仕事内容はパティシエと同じで、仕込みや焼き作業があるので、朝早くから夜遅くまでとなってきます。

基本的に早番や日勤といったシフト制となっていますが、新人、将来的に独立を目指している方とっては、営業時間終了後が自身の鍛錬の時間となるので、夜中過ぎになる事もあります。

1日12時間以上働くのもザラですが、ケーキ屋・スイーツ店の売上から考えると、残業代をキチンと払えるところは少なく、サービス残業になることが多いです。

そして1日中立ち仕事となり、かなりの肉体労働となるため、決して楽な仕事内容ではありません。

よく小さい女の子が将来の夢にケーキ屋さんと書きますが、美味しいスイーツを作る裏側では、かなり苦労してる職人がいますので、よほど好きじゃないなら止めておいた方がいいです。

求人の探し方

チョコレート専門店であれば「製造員や洋菓子職人」と記載されていますが、洋菓子店の中でショコラティエ職人の求人を行っていれば、「ショコラティエ」と記載されている事もあります。

近年、人気の職業にもなってきていますし、先ほど書いた通り仕事が大変で辞める人も多いことから、求人率は非常に高いです。なので就職転職には困らないです。

ショコラティエに必要な資格

基本的にパティシエ、ショコラティエで働く上で資格は必要ありませんが、菓子専門学校卒業者、その仕事に2年以上従事する事で、製菓衛生士という資格に受験する事が可能となります。

この資格は単に美味しいお菓子を作るだけでなく、衛生面や食材の栄養成分等をしっかりと身に着けているかの資格となり、パティシエやショコラティエ、パン職人や和菓子職人の求人においても評価されてくる資格となっています。

ただ先ほど書いたとおり専門学校卒業者で、なおかつ実務経験が2年以上いるので、これから新卒で就職する人は取得することが出来ない資格になります。

なのでケーキ、スイーツ店などでパティシエ、ショコラティエとして働き、さらなるステップアップをしたい場合、製菓衛生士という資格をGETすればOKです。

こちらもよく読まれてます⇒飲食業界や調理師の年収をコッソリ公開