転職に成功してガッツポーズする男性
「会社を辞めたい…」と思ったら、急に辞めるんじゃなくって転職先をみつけてから退職しましょう。貯金を切り崩しながらの転職活動はストレスがたまりますので。

給料はモチロン大切ですが、自分に合ってない仕事だと毎日が辛いので、自分に合った適職をみつけることが大切です。

そこでわたしも無料で出来るリクナビネクストの、グッドポイント診断を実際にやってみました。

その結果は「強みを無料で診断した結果」で書いてます!

スーパー店員の正社員の年収【底辺職だから辞めたい】

スーパー店員

【 年齢 】25歳
【 業種 】スーパー店員
【 年収 】290万
【残業時間】月50時間以上
【ボーナス】寸志ていど
【 休日 】月8日

わたしはスーパーの生鮮部門(野菜や果物)で正社員として勤務していました。

魚部門のように生臭いニオイがつくことはありませんが、野菜・果物部門は力仕事で常に腰痛ととなり合わせでした。

朝はトラックから下ろさた何十台も野菜・果物をバックヤードに運びます。大手スーパーだとトラック運転士がやるのかもしれませんが、うちでは正社員のわたしがやってました。

仕事が忙しい

無理なノルマを押し付けられる男性

あと前日の作り置きを売り場に並べたり、カットフルーツを並べたり、価格の売変を確認して売り場の管理などをするため、あっと言う間に昼になります。

会議・バイヤーさんとの打ち合わせはアルバイト・パートではできないので正社員が対応する必要がありますし、売り場構成を考えるのも社員の仕事です。

人手が足りない時間は売り場に出ないといけませんし、仕事量が多くて一日に何時間あっても足りない感じでした。

 

残業できる時間は月間で決まってますし、わたしが勤めてたスーパーは24時間営業のお店ではなかったので、いつまでも店内に残ってるわけにはいきません。

なので時間内に仕事を片付けないといけないという焦り・強迫観念が常にあり、精神的ストレスがヤバかったです。

 

またお客様が入ってきてレジが混み出したら店内の呼び出しがあるため、社員はレジ応援に行かねばなりません。レジ応援を拒否することは出来ませんので、お昼ご飯を食べていても駆けつけます。

仕事量は多いし、休憩時間すらまともに取れないので、ゆっくりと落ち着く時間がありませんでした。

年収が低い底辺職

075

私は朝~夜までの勤務でしたので夜勤はありませんでしたが、24時間営業の店舗で夜にアルバイトやパートがいない場合、社員が昼から出勤して夜勤をやってるところもあります。

スーパー店員は底辺職なので、これだけ働いても年収は300万以下になります。 

残業代を付ければ300万は超えますが、経営が厳しくてサービス残業になってました。激務なのに給料が安いため、辞めていく人が後を絶たない会社でしたね。

しかもスーパー店員は世間的にも負け組扱いなので、見下されることが多く、悔しい思いをすることが多かったです。

ストレスで体を崩して転職

異業種に転職する男性

売り場の管理やバックヤードの状態、荷物の荷下ろしなどなど全て私の仕事でした。

その部門に配属されたばかりの時はそれでも良かったのですが、デスクワークも教えてもらうようになると、よけいに時間が足りなくなってしまいます。

そして肉体的に疲労がたまり、精神的ストレスが溜まったことから体調を崩して倒れてしまいます。

年収が高いのなら激務でも続けれますが、仕事量のわりに給料が安い・サービス残業が多い・底辺職で見下される・ストレスが溜まるなどなど、続ける理由がなかったので転職しました。

 

転職後は年収もアップしましたし、仕事量も減りました。またスーパー店員に比べると社会的地位も上がったように感じます。

主婦がパートとして働くならスーパー店員は良いと思いますが、正社員として就職するのはどうかな~という感じがします。

40~50代の店長でも年収400万円台ですから、夢も希望もない会社でした。20代のうちに辞めて正解でしたね。

スポンサードリンク



おすすめ転職エージェント

yametai

「いますぐ会社を辞めたい!」という気持ちは分かりますが、転職で失敗しないためにも職探しはしっかりと行いましょう。

職探しの方法にはハローワーク、求人情報誌、新聞広告、転職サイト、転職エージェントがあります。

その中でも転職エージェントは給料・待遇が良い求人が多く、スタッフの手厚いサポートも受けることができる優れものです。

そんな転職エージェントの中から、わたしが実際に登録したサイトを独断と偏見でご紹介します。

第1位 リクルートエージェント



リクルートエージェントの求人量は国内一、そのうち90%が登録者だけが見れる非公開求人です。

またリクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのスカウトサービスも利用できるので登録の手間が省けますよ。

⇒リクルートエージェント公式サイトはこちら


第2位 DODA(デューダ)



DODAは非公開求人がめちゃくちゃ多く、他社の2~3倍もあります。レアな限定求人もあるので企業の幅を広げたい人におススメです。

また仕事スタイル・パーソナリティー診断もあるので、自分にピッタリ合う仕事が分かるので、転職活動をスムーズに進めれます。

⇒DODAの公式サイトはこちら


第3位 マイナビエージェント



マイナビエージェントは大手なので安心感があります。キャリアアドバイザーの質が高く、対応が良いのがウレシイですね♪

またマイナビエージェント利用者の8割が書類審査を突破してますので、なかなか面接までたどり着けない方におススメです。

⇒マイナビエージェント公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ