落ち込む女性

「高学歴なのにフリーターの貧困女子、結婚もできない私は負け犬?」

就職氷河期の影響で、有名大学・大学院を卒業した高学歴の人でも正社員になれず、非正規雇用(フリーター・派遣・契約社員)として働いている人がいます。

富山県で親と同居する40代女性のTさんも、いわゆる中年フリーターの1人になります。

修士課程までおさめたのに…

40代女性のTさんは地元でも有名な進学校を卒業、浪人・留年をすることもなく都会の大学院まですすみ卒業するも、正社員としての就職はできませんでした。

フリーターにとって都会の生活は家賃が高く、物価が高いので苦しい。なので地元の富山県にUターンするも、正社員としての仕事は見つかりませんでした。

「へえ~、●●大学院を卒業してるんですか。そんな頭の良い人がなんでまたうちのような中小企業に?」とバカにするような顔で言われたこともあります。

「大学院を卒業してるインテリ女だと、採用してもらえないのかと思い、大学卒業までの学歴しか書かずに応募したこともありますが、それでも落とされます」

ハローワークで何社も受けたけど大半は書類審査で落とされ、面接まで進むことができても内定することはありませんでした。

なんのために大学院まで行ったのか?

gatag-00007746

派遣社員での時給は900~1000円で、いろいろ引かれたあとの手取りは15万円以下。いわゆるワーキングプアってやつです。

「なんのために勉強をがんばって、大学院まで行ったのか分からない。むしろ大卒のまま就職した方が良かったかもしれない。親に高い学費を払わせて申し訳ない」と悲しそうな顔でTさんは語ります。

「政府は雇用を生み出すとキレイごとを言ってますが、とくに変わった実感はありません。非正規雇用者を使い捨てにしてる社会に腹が立ちます」とドロドロした気持ちを打ち明けた。

中卒・高卒だと仕事がないと言われますが、高学歴の大学院生卒でも正社員になれない人は多い。貧困女子という言葉ができるくらいですので。

独身だと生活が苦しい

事務員の年収

契約・派遣社員やパートやフリーターの年収まとめでも書いてますが、正社員に比べるとかなり給料は安いです。

なんだかんだで日本は男尊女卑の社会なので、男性に比べると女性は給料が安く、社会的な地位も低くなりがちです(実際、企業の管理職はほとんどが男性)

結婚して夫婦共働きなら派遣社員の給料でもやっていけますが、独身だと生活をするだけでもやっとで、貯金もたまりません。

 

高学歴の修士卒だと、卒業して仕事をしてるうちに20代後半になってしまいます。結婚したいと思えるような男性に出会えたら良いけど、三十路をむかえる頃には結婚でも転職市場でも不利になります。

「友達は20代の頃は楽しかったと言いますが、私は楽しかった記憶がない。辛かった。ただただ生きるのが辛い」

親の高齢化

親の介護が辛い女性

就職氷河期で正社員になれなかった40代の中年フリーターの親は、若くても60歳、子供を産んだ年によっては70代になってることもあります。

すると非正規雇用+独身+親の介護もしないといけないという、最悪の状態におちいってしまいます。

自分の生活でもやっとなので、老人ホームに入れるお金もありません。かと言って親の面倒をずっと見てたら、生活費を稼いでくれる人がいないので人生詰みます。

親の面倒をみれるような兄弟・姉妹がいれば良いですが、一人っ子の場合はすべてが自分にのしかかってくるので、押しつぶされそうになります。死にたい。

 

「毎日、生きるのが苦しい。さらに将来のことを考えると、親の介護+自分自身の高齢化もあるのでお先真っ暗です」

日本はレールから外れてしまうと、もう一度戻るのが難しい。社会がそれを許容しない。やり直しがきかない。なので一度、負のスパイラルにおちいると、一生抜け出すことができない。

「このままではいけないと、20代の頃から思ってましたが、どうすることもできずに40代になりました」高学歴の貧困女子がワーキングプアから抜け出すのは難しい。